Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1]

初コメントです。いろいろ参考になりますね♪興味ありなので、コメント残させてもらいました。また遊びにきます。ではでは。

[C33]

シオリンこれからもガンバー
  • 2008-04-04
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C69] たけ_alt_str_e_789.gif_

確かに
たけし君とたけは
同じたけでも違いますね(笑)
たけ、コッサンと同じぐらいウザいですね
  • 2008-06-21
  • 投稿者 : フィス_alt_str_e_420.gif_
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://siorinmaga.blog27.fc2.com/tb.php/2-1beda974
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

たけ編

たけ編~詩織の肌が荒れた理由~



さてさて、えなり編も終わりまして今日からお話するのは、詩織がとある掲示板で知り合った「たけ」と言う男の物語。


始まりは高校時代、友達から送ってきた心理テストのサイトを開いた時に使い方が分からず間違えて掲示板にアクセスしてしまったのです。



当時は今ほど携帯も普及しておらず、まして詩織もネット初心者。

掲示板といったものが凄く斬新に感じました。

色んな人が集まって、相談や雑談を交わし合う、他愛ないことばかり話しているそこが、凄く楽しそうに感じたのです。


今の世の中はネット全盛期、当たり前のようにブログや掲示板がありふれているけれど、当時はまだまだアングラに感じられても仕方ない時代、

今にして思えばその掲示板の規模自体も2ちゃんねるなんかとは比べられるはずもなく、多分コッサンよりも人が来ていない程度のものだったと思うのですが、

その空間に詩織は興味津々となりました。


続く





※前回までのあらすじ

迷い込んだ電脳世界に、しおりん興味津々!




で、まぁ見知らぬ掲示板で色んな人たちのコミュニケーションを見て楽しそうだと思った詩織。


ちょっと書き込んでみたい…


あたい、勇気を出して頑張るわ!


ネット初心者の初掲示板カキコ、誰か構ってくれるかな…とか不安に思いながらも書き込んでみたら、常連っぽい人が何人か構ってくれたのですよ。


間違いなく2chとかだと叩かれてしまいそうな初心者も、ここでは優遇される、いい意味でぬるま湯の世界でした。


続く





※前回までのあらすじ

素晴らしき電脳世界でぬるま湯生活の詩織。
この頃はまだ初心者だった。


で、この時、掲示板で返事返してもらったら、返すのが礼儀、返すのが基本だと思っていたので(実際そうだけど)全部にこまめにレスをしていたし、そもそもそこの人たちと話すのが楽しかったので、ついつい書き込んでしまっていたら、パケ代が激しいことになっていたのですよ。

これはヤバい。

と、思っていたら結構、他の皆さんもそんな感じらしい。

当時はパケ放題とかありませんでしたからね。

で、常連の一人が

「パケ代やばいのでここは卒業します。サブアド載せるので良かったらメールしてね」

みたいな感じで去っていったのですよ。

で、その風潮が広まり、仲の良い3,4人くらいとメールすることになりそこの掲示板は卒業することになりました。

しかし、ここからが悲劇の始まりであった…


続く




※前回までのあらすじ

ぬるま湯電脳世界はパケ代がやばいことになるので卒業してメールすることになりました。
あ、けど後にちょっと書き込んだりしてたわ。




それでですね、サブアド載せて仲良かった人良かったらメールしてね、って方式がそこでのスタンダードだったのですが、中にはあまり仲良くないレベルの人なんかもメールしてきたりするわけですよ。

まぁけど、そーゆーの邪険に扱うのも良くないじゃないですか。


人間性疑われちゃうじゃないですか。


だから、とりあえず一通り仲良くしていたのですよ。

けれど、本気で相手するのが苦痛な人もいたんですよ。


で、そいつの名前が「たけ」って男だったんですよね。


同じたけでも、たけし君とは大違い。

たけし君は年下のクラスメイトのハンバーグを食べたりするけどいい奴です。

しかし、こいつは悪だ、くせぇ!悪党の臭いがするぜ!


ってなわけで続く。






※前回までのあらすじ

ひょんなことからある男とメールをすることになった詩織。
男の名は「たけ」
こいつぁくせぇ、悪党の臭いがするぜ!



ってなわけでですね、どことなーく頭悪い人なのかなぁ、と感じていた人なんだけど、確か22歳くらいの大学生って話だったので

「大学生=頭良い」

の方程式が出来上がっていた詩織は

「いや、この人は頭がいいはず」

と思い込んでいたんですよね。

頭が良い人は正しい、って何かに洗脳されていたようなフシがあった詩織でしたから、この男が何を言っても「きっと正しいはず」と、自分を納得させようとしていたのですよ。


だけど、現実的には大学生でもカスみたいな奴はいるわけで、たけもその例に漏れなかったのです。


このたけがですね、どうしようもない構ってちゃんで、ずっとメールしてくるのですよ。

うまく表現できないのだけど、ウザいメールしてくる人っているじゃないですか。

自分の話ばっかり延々言い続ける人とか。

こいつがその典型だったのです。

あ、残り文字数あまりないから続きます





※前回までのあらすじ

たけって男が自分のことばかり話したがりまくってうざいんです。




それでですね、まぁ具体的にどんな話をしてくるかと言うと自分の家庭事情とか、彼女事情とかなのですが、


そう、こいつは彼女がいるんです。

いやね、彼女にメールでもしろよ、何も高校生のガキ、しかも男にメールしなくてもいいだろ。


まぁそれはともかく、聞く話によるとその彼女さんとは件の掲示板で知り合って、まだ会ったことがないとか言ってるのですよ。


いやまぁ、今の世の中、そーゆーのも珍しくないからここでこれを否定するのは何かと苦情がきそうなので、そーゆー出会いが悪いとは言わんですが。



で、ある日、たけがその彼女と会うと言ったんですよ。

続く





※前回までのあらすじ

ネット恋愛のたけ(ウザい人)が彼女と会うとか言ってた。




ところでですね、性への発達が遅かった詩織、高校時代はなんだか性的な話は完全に拒否してたくらいの潔癖っぷりだったのですよ。

今は大好きですよ、えぇ。

それでですね、中学生とかも見てるマガでこんなこと言うのもよくないかなぁと思うのだけど、たけはいわゆる童貞なのですよ。



そんな童貞が、彼女と対面、初体験をしてきたらしいのだけど、こいつがそれを語りたくて仕方がないらしくてマジでウザい。


当然、当時の詩織はそんなの嫌悪感を抱くだけ。


で、そんな二人の会話は


たけ「彼女と●ックスしてきた。」


詩織「あんまりその手の話は好きじゃないからやめてくれ」


たけ「なんでだよ、聞いてよ」


詩織「やめてよ」


たけ「俺は一回しか●ってないのに彼女は五回も●ってズルい…」



何こいつ…

きめぇ…

お前の性の報告なんて聞きたくねーよ。


続く。




※前回までのあらすじ

童貞捨てたばっかりの奴が自慢するのって痛々しいよね。



それでですね、このたけって男はとにかく話したがる、こっちの都合などお構い無しに話しまくる。



聞く話によるとお友達があまりいないと、掲示板仲間の他の女性に言っていたらしいけど…


こいつの性格を考えたら確かにそれも頷ける。



だってですね、今でこそ昼夜逆転廃人生活な管理ですが、高校時代は過酷な部活の日々で睡眠が凄く大事だったんですよ。



で、大体夜の12時前までには寝るのが習慣だったのですよ。


寝ることだけが幸せみたいな日々でしたしね。


で、うざいたけのうんこがメールしまくってくる中、11時過ぎくらいに




「もう寝るね」



ってメールしたんですよ。


そしたら、








「早い!」








お前何様だよ。


本気でうぜぇ…




※前回までのあらすじ

詩織「寝る」
たけ「早い!」
早くねーよカス。



さて、今日は
「ネットナンパ氏takeにご注意」の巻。

昔あったドラマのパクりタイトルなのはともかく、
件の掲示板にいる時に一人の女の子が悩み相談をしていたのですよ。

で、みんな真摯にその相談に乗っていたのだけど、たけのコンチクショウがその女の子に「別なところに掲示板たてるからそこで二人で話そう」とか言ってるんですよ。

そこの掲示板は一つの話題に対してレスするスレッドタイプでして、他にスレ立てて二人で話したいとか言い出したんですね。


う~ん、ネットナンパ…


しかもそのスレ、別に他の人からも普通に見れるのだが、何かちょっと足りない人なのではあるまいか。

続く




※前回までのあらすじ

女の子と話したくて必死なたけ。それにしてもなんだか話の順番が整理されてないなぁ。




え~っとですね前回、女の子と二人きりで話したいとかいって別にみんな見れるようなとこで話しているたけってちょっと足りないなぁ、って思ったりしたのですが、

他にもちょっと足りないなぁって思うフシがあったのですよ。


いつの時代も人がくる掲示板とは荒れるもの。


偽者騒ぎがあったりしたのですよ。


常連さんの名前を語って暴言吐いたりする、まぁありがちな荒らしです。


で、たけのそれに対する対策が、








たけ→たけ



え~、絵文字が見えてない人がいるかもしれませんが、名前の後に目の絵文字を入れて偽者と区別するようで。









真似するつもりなら普通、その目まで入れるんじゃね?





※前回までのあらすじ

なんでやねん。




さて、ある日ですね、あまりのたけのウザさに、ついにシカトすることにしたのですよ。


詩織の文章力が拙いから奴のウザさが上手く伝えられないのですが、本当に構って欲しくないくらいウザい。

コッサンよりウザい。


だから、メールを途中から返してなかったんですよ。

んで、件の掲示板とやらに書き込んだりなんかしてたのですよ。


そしたら書き込んだ直後にメールがきたのですよ…


その内容は








「起きてるならメールしようやぁ」








いやぁぁぁぁぁ!





いやこれ、ストーカーみたいなもんじゃね?


そもそも、ウザがられてるのに何故気付かない…


続く




※前回までのあらすじ

たけの行動がストーカーじみてきた。




なんというか、かまってちゃんと言えばいくらか聞こえがいいのだけど、こっちの行動を監視するかのような感じがするのですよ。


そんなに年下の男の子とメールしたいか。


正直こいつの相手をするのはかなり嫌だったんですけどね、


ある日、たけがこんなこと言ってきたのですよ。



「家庭の事情で携帯解約しないといけないかもしれないし、大学もやめないといけないかもしれない。」




内心、かなりホッとしました。








やっと解放される!








その後、手紙書きたいから住所知りたいとか言ってきたのはさりげなく流して、やっとこいつの相手をしなくて済む!


やっと自由が近づいてきたんだ!


んでその日の夜、

たけ「もうメールできないかもしれないからもうちょっと起きてて」



仕方ない、これで最後だと思えば…



当時の詩織は、前にも話しましたが睡眠をとても大事にしていました。

0時前には必ず寝ないと過酷な部活や学校生活に耐えられないからです。

けど、今回は3時まで起きてメールしたのです

続く



※前回までのあらすじ

最後かもしれないからって言うから我慢して3時までメールした。





そして翌日、当時は女の子にも妬まれていたすべすべのお肌に








固くて痛い塊ができている…







多分、決定的な肌荒れはこれが初めて。



肌が自慢だった詩織もこれはショック。



しかしやっと、苦痛から解放される…









それから半年後








まだメールくるんだが。



続く





※前回までのあらすじ

もうメールできないかもしれないとか言って夜中までメール付き合わされた詩織。
たまのお肌が荒れました。
しかも半年経ってもメールくるんだが。




で、半年経てばその掲示板もめっきり行かなくなっていたのですが、すんごく久しぶりにアクセスしてみたのですよ。


で、その時に知り合った子持ちの奥さんと話していたのですが、
やはりにわか古参になっていた詩織、昔の話を出したりなんかするのですよ。

そしたら、なんとその奥様、







たけとメールしているらしい…







続く。





※前回までのあらすじ

たまたま知り合った子持ちの奥さんがたけとメールしてるらしい。




と、何故それが発覚したかと言うと、久々にきた掲示板で昔の常連の話をしていたら知っているとのことだったのです。


んで、最初は

「たけとメールしてるってことは仲がいいのかなぁ?」

と思っていたのだけど、どうやらこの奥さん








詩織と同じようにたけのことは良く思っていないご様子。


多分、詩織と同じでなんらかのきっかけでメールはしているものの、ウザいことになっているのではあるまいか。





続く




※前回までのあらすじ

子持ちの奥さんもたけのことをよく思ってないらしい。



で、この奥さんの話によると、








やたらたけが会いたがるらしい…








旦那も子供もいるのに、二人で会いたがる…




まぁ、前から分かってたんだけど、こいつ女好きすぎないかと。




続く




※前回までのあらすじ

子持ちの奥さんに必死のアプローチをするたけだった。



で、もちろん断られるわけですが、

「子供預けて二人で会おうよ」

とかドン引きですよ。



で、ある日ですね、奥さんがたけに言ったらしいのですよ、




「詩織ちゃんのことしってる?」





みたいな感じに。


そしたらたけは必死になったみたく、



「絶対、詩織に俺の話は聞かないで!」



とか言ったらしいのですよ。

いやいや、秘密にしたいならそーゆーこと言うの逆効果ですよ。



だからもちろん話しましたよ。


嫌がってるのに初体験の自慢とかやたらしてきたこととか洗いざらい全部。



続く






※前回までのあらすじ

たけの悪行をばらしたぜ。



で、子持ち奥さんとたけの愚痴を言い合う戦友みたいなことになったのですが、

依然としてたけからのメールは止まない。


さすがに本気で病んできましてですね、


肌も荒れたしこれは耐えられん。


ってなわけで、

「しばらく放っておいて」
って病んでる旨を伝えましたところ、


「大丈夫?何かあったん?」



みたいなことを言ってきました。



お前のせいだよ!




放っておいてと言ったにも関わらず結構メールきていましたが、やっとシカトスキルを身に付け二年後くらいにやっと切ることができました。



次回、たけ編最終回!





※前回までのあらすじ

やっとの思いでたけと縁を切れました。




それから数年後、詩織がコッサンを書き始めた頃。



今は撤去していますが当時コッサンには掲示板があったのですよ。



その掲示板は誰でも即座に作れることが売りで、各掲示板ごとのレス数に応じて順位がでるんですよ。

で、立ちたてのコッサン掲示板のすぐ下にその掲示板はありました。



掲示板の説明
「あくまで私的な掲示板です。関係者以外の書き込みを禁止します。」


あくまでの使い方がおかしい気がするけどちょっと覗いてみるとこんな書き込みが。




たけ「おまたせいたしました、ようこそもも!」


確かこんな感じだったと思うのだけど、この書き込みの感じと名前から本人だと確信が持てました。


また、ナンパして掲示板で話そうとしてる魂胆がミエミエです。

ももさんが書き込んでない辺り、ももさんも迷惑していたのでしょう。


相変わらず人に迷惑をかける奴です。





ネットナンパ師Takeにご注意。




スポンサーサイト

3件のコメント

[C1]

初コメントです。いろいろ参考になりますね♪興味ありなので、コメント残させてもらいました。また遊びにきます。ではでは。

[C33]

シオリンこれからもガンバー
  • 2008-04-04
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C69] たけ_alt_str_e_789.gif_

確かに
たけし君とたけは
同じたけでも違いますね(笑)
たけ、コッサンと同じぐらいウザいですね
  • 2008-06-21
  • 投稿者 : フィス_alt_str_e_420.gif_
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://siorinmaga.blog27.fc2.com/tb.php/2-1beda974
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。