Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Unko No Life ~後編~

※前回までのあらすじ

100円ラバーカップ買った。


家に帰って早速試してみるものの、水位は減っても流れてくれないといったクソの役にもたたない結果となりました。
うんこだけに。

他にも、熱湯を流すなどのことが良いってことで熱湯を大きな鍋いっぱいに沸かして20回くらい流してみたけど駄目でした。

その後、母上が帰ってきて、このラバーカップじゃ小さすぎるといった結論に達して、今度は300円の一般サイズの和式用を買ってきたのですが、それも効果なし。
結局、1500円の洋式用を買ってくるといった展開に。
安物買いのなんとやらとはよく言ったものです。
さすがにこの1500円の洋式用BIGCUPはすさまじい吸引力。

トイレの水も今まで以上の勢いで吸い込まれ吐き出されます。
これならいける!いけるやもわからん!

と、凄まじくバッコンバッコンしました。






まぁ、結局流れなかったんだけどね、1500円でも意味ねーよ。







※前回までのあらすじ

1500円でも駄目でした。


そんなこんなでトイレを禁じられてかれこれ5日目になりました。

母上は、毎日祖母の家に行っていたので大丈夫だったっぽいですが、詩織さんはいよいよ我慢の限界。

寝るときも、うんこが漏れないか心配で心配で仕方がありません。

だからついに、コンビニでうんこする決意をしたのです。

田舎だから一番近いコンビニでも車で5分。
うんこしたいうんこしたいと思いながらも自分を落ち着けながらコンビニへ向かいます。

コンビニに入ると即座に

「トイレ借ります!」
と、すたこらさっさとトイレに入ってうんこしました。

あぁ、今までの我慢はこの瞬間のためにあったんだ、
コンビニでうんこ、それもまたいいじゃないか。
これまでうんこすることを恥ずかしいことと考えていた自分が恥ずかしい存在だったんだ。

と、そんな気分にさせられるくらい久々のうんこは快感でした。






※前回までのあらすじ

コンビニでうんこした。


と、なんとか一時凌ぎはできたものの、家のトイレは詰まったまま。
このままじゃ結局、何の解決にもなりません。
毎日うんこしにコンビニに行くのも店員にうんこマンとあだ名を付けられかねないので、できれば勘弁したい。

そこでまた、文明の利器、インターネッツで検索ですよ。

そしたら、トイレに詰まったものを溶かす液体、水洗トイレに入れて6時間で水が通るって便利なものがあるじゃないですか。






※前回までのあらすじ

トイレのつまりを解消する液体があるらしい。

子供のおもちゃくらいなら溶かすって書いてあるし、これならいけるかも。
しかし、情報系の学校に通っていた詩織ですがネット通販は実は初めて。
初めての通販がこれか…。
と、それはともかく2日後に商品が届きました。
液体の4分の1をトイレに入れて6時間ほど放置すればいいとのこと。
どぼどぼと流して6時間放置…
6時間後に再び流してみると…






また水位が増えました。なんだこれ、クソ。


多分、詰まっていると思われる位置まで液体が届いていないのではないかと思われるのだけど、結局全部使い切ってもトイレは通りませんでした。




※前回までのあらすじ

謎の液体でも無理だった!!

もう、ここまできたら究極の最終手段、業者の方に来てもらうことにしました。
業者のいなせなおっちゃんがきて、トイレの分解に入ります。
頑張れおっちゃん、俺達に平和を戻してくれ!
と、かれこれ4,5時間くらい作業をしていたみたいですが、結果はいかに。
水を流してみると、確かにさっきまでに比べたら格段に水の勢いも上がっています。
トイレも流れます。
しかし、2,3回流してやっと流れるレベル…?
業者のおっちゃんでも完璧には無理なのか…

まぁ、なんにしても2,3回流すだけでマイホームうんこができるのです。
素晴らしい、家でうんこができるって素晴らしいことです。
わんだほーびゅーてぃほーまいほーむうんこ!

次回、ついに完結!





※前回までのあらすじ

なんとか一応トイレ使えるぜ、わんだほびゅーちほえきさいてんぐ!


それから数週間が経ちました。
そこには、元気にうんこを流すトイレの姿が!
「えぇ、あの時は完全に駄目かと思ったんですけどね。奇跡が起きたんですよ」
なんと、詰まっていた異物がいつの間にか流れたのだ。
普通のトイレに戻っただけ、しかしそれがどんなに幸せなことかこの体験を通じて詩織は知ることができたのです。

この気持ち

この想い

NoUnkoNoLife



スポンサーサイト

No Unko No Life ~前編~

あなたにとって、これが無くては生きていけないと言うものはありますか。
もしあるとして、それは人によって様々でしょう。
  お金・・・
  家族・・・
  恋人・・・
  友達・・・
  音楽・・・
しかし、必ずしもそう意識しているものだけが大切なものであるとは限らないと思いませんか。
失ってみて初めて分かる大切さ、きっとありますよね。
例えば、朝起きたら自分の服が無くなっていたらどうしましょう。
普段当たり前のように着ている服がいきなりなくなる、これは困りますよね。
美人のお姉さんとかにはむしろ起きて欲しい事態かもしれませんがあくまでそれは客観的な意見であり、そんなことが起きた本人にはたまったものではありません。
もしチリ紙がなくなったらどうでしょう。
詩織なんかは鼻水が大滝の如く流れる人間ですので大惨事が目に見えていますし、全国の男性諸君も色々と困ることがあるでしょう。
こんな風に、今ちょっと例に挙げた服やチリ紙は、「便利」とは思うかもしれませんが、意識的に「無くては生きていけない。」とまでは思わないと思います。
実際、その気になれば服やチリ紙が無くても生きていけるかもしれません。
神話の時代のアダムとイブは裸だったわけだし、かつてチリ紙がない時代だってあったはずです。
しかし、理屈と実践は別の話。
今いきなり裸で生きろと言ってもほとんどの人が無理だろうし、この便利な世の中に慣れきってしまった現代人では昔の人のような生活をするのは難しいと思います。
このように意識していないものでも「これが無くては生きていけない」と言うものは沢山あるはずです。そして管理もそれを痛感する一つの事件が起きたのです。

続く





大体いつもと変わらない日常、
車が壊れているせいで外出もできず家でだらだらと過ごしていました。
そう、たまにはこんな一日があっても良い。
だらだら生きることは好ましくないけれど、たまには体を休める一日なんかも無くてはいけない。
そう退屈な時間を無駄に浪費する自分に言い聞かせながらごろごろしていました。
今にして思うと、本当にそんな一日で終わっていれば幸せだったのだと思います。
なんでもないようなことが幸せだったと思っていた歌なんかを思わず口ずさんでしまう始末です。

急激な尿意に襲われトイレに向かった詩織。
速やかにトイレに向かいスムーズに放尿行為を済ませます。
ついでに鼻が詰まっていたのでトイレットペーパーで大滝の如く流れ出る鼻水をキャッチし尿と一緒に流しました。

グッバイ、あばよ・・・
そう言わんばかりに流されていく鼻紙を見守っていたその時、
予想だにしない事態が起こってしまいました。

続く




※前回までのあらすじ

鼻紙としっこ、グッバイあばよ。

しかしその瞬間!



こう、急激にトイレの水位があがってくるのですよ。
ついでに先ほど「グッバイ、あばよ」と見送ったはずの鼻紙さんも帰ってきました。
やぁ、また会ったね。
と、感動の再会はともかく、溢れんばかりの水の量のトイレが出来上がりました。
これは非常に危険な状態ですよ。

つづく




※前回までのあらすじ

トイレの水が逆流!!



多分、経験したことがある人も少なくはないと思うのですが、明らかにどこかで異物が詰まっているのですよね。
そんな仕組みなのか偶然なのかは分からないけど、かなり上位の一定位置以上に水位が上がらなかったので水がこぼれなかったのは幸いなのですが、この状態で排便などしようものなら、水位が上がるかもしれないし、うんこ落下の際に水がはねて自分にかかってしまう恐れもあります。
タイトルをつけるなら
「暗黒のトイレ 禁じられたうんこ」
と言ったところですかね。


つづく






※前回までのあらすじ

暗黒のトイレ、禁じられたうんこ



今まで当たり前のように水が流れ、当たり前のようにうんこを流してくれていたトイレ、気づかなかったけどこれが出来るか出来ないかってかなりの死活問題だったのですよね。
水洗じゃなければこんなことにならなかったかもしれない。
まして、トイレなんて習慣がなければこんなことにならなかったかもしれない。だけど悲しいかな、僕らは慣れてしまっていた、水洗トイレに・・・。
世の中には色々な人がいます。
当然、悠久とも言える長い間を便秘状態で過ごす人もいると思います。出ない苦しみも当然あると思います。
しかし管理は出したくても出してはいけない苦しみと戦わなくてはいけないのです。
どっちが幸せかは分からない・・・けれど、管理の今の心境は便秘になりたい一心となりました。

続く





※前回までのあらすじ

便秘になりたい。


まぁ、それはともかく、とりあえずちょっと時間を置いてトイレの様子を見てみようと思いダメ人間を極めた生活を部屋でしていました。

しばらくしてからトイレを見に行くと、なんと水位が戻っているじゃありませんか。

これは神の悪戯か、もしくは悪魔の罠なのか、

内心ちょっとホッとしつつ、テスト的に水を流してみました。

そしたらなんと、




どんどん水の水位が上がってくるじゃないですか。



湧き上がる水とは裏腹に、急降下していくテンションをなんとか持ち直して、

トイレ掃除用のブラシで異物がないか引っ掻き回してみるのですが特に何の変化もなく地味に水位が減っていくだけでした。

つづく





※前回までのあらすじ

水位は減っても流れないぜ。



幸か不幸か現在、家にいるのは詩織だけ。

母上様は祖母の家にお泊り、父上は仕事の都合で月イチくらいしか家にいない。

姉らは元から実家に住んですらいないのでいいとして、他に犠牲者を出すわけにはいかない。

母上が帰ってくるまでに直せば、これ以上の被害は増えないはず。

幸い自分もまだ便意は催していない。

出来る限り頑張ってみよう。そう思い、使えそうな道具を集めて詰まっているものを除去しようと試みました。

ちなみに管理の家にはラバーカップがないので、よくしなりそうな棒とかを突っ込んでみたりするのですが、これがなかなか手ごたえを感じない。

文明の利器、インターネットで色々と調べてみたところ、異物が詰まっていることは間違いないみたいなのですけど、全く手ごたえを感じないのですよ。

このままうんこ出来なかったらどうしよう。

続く





※前回までのあらすじ

トイレ死亡


管理はあまり家の外でうんこ出来ないタイプなのですよ。

今でも忘れない、楽しかった二泊三日の修学旅行。

三日間うんこ我慢していたせいで最終日に嫌な汗とか掻きながら観光してたっけ。

忘れたくても忘れられない、二泊三日の部活の合宿。

ありえんくらい練習がキツい上に、うんこ我慢していたせいで動くのも辛い。

結局、ご飯もまともに食えずに「これ本気でやばいわ」とか思いながら練習していたなぁ。

つづく






※前回までのあらすじ

これまでの外でのトイレ事情はつらかった


と、それくらい家のトイレが重要な位置にあるので、一刻も早くこの詰まりを解消したいと思っていたのですが、
その日は前々から友人らと遊びに行く約束をしていたのですよ。

さすがに

「トイレが詰まっているから今日の予定はキャンセルで」

なんて言えないじゃないですか。

人格を疑われかねないですし、約束を守れない奴は駄目な奴です。
それが例え、一晩中トイレと格闘して完全に徹夜した後でもですよ。
そんなこんなで、遊びに行ってる時に何も知らない母上が帰ってきては危険と思い、一応トイレが詰まった旨を報告しようと思ってメールをしたのですよ。
つづく






※前回までのあらすじ

母上に報告せねば

以下、母上とのメールのやり取り。
適当なメールなので平仮名ばかりで読みにくいのはご愛嬌。

管理「なんかトイレが詰まったからばあさんちでうんこしてきてね~」
母上「えっ!なんで?(なんか顔文字)つまらん!」
管理「そのギャグがつまらんよ(なんか顔文字)なんか知らないけど詰まった。地味に流れているみたいだから、しばらくすれば多分通るけど、しばらくうんこはダメ、ゼッタイ」
母上「だってウンチいつしたくなるのかわからんのだぜ(なんか絵文字)トイレをスッパンスッパンさせる吸盤みたいなのを買ってこないといけないね(なんか顔文字)」
管理「買ってくるんだぜ。まぁけど、今日は早朝からK達と遊びに行くので帰りはもうちょい遅いけど。なんならもう一泊くらいしてもかまわんさぁ。」
母上「わかりました。ウン子さんの為に宿泊かいな(なんか顔文字)」
管理「それもまた青春の一ページ」

と言った、極めて一般的な親子のやり取りをしつつ、報告を終えました。




※前回までのあらすじ

母上にメールしてからKと遊びにいった


それでまぁ、しこたま遊んだ挙句、ファミレスでお食事をすることになったのですよ。

さすがに一睡もしていないので、ファミレスに行くまでの間は車の中でぐっすりだったの
ですが、遊びまくってお腹も空いていたのか、ツインハンバーグとかいったハンバーグが
二つも乗ったビッグボリュームなものを頼んでしまったのですよ。

でね、頼んだ後に気付いたんだけど、こんなビッグボリュームなもの食ったら間違いなくうんこしたくなるってのが人間ってもんですよ。

頼んだ後に気付いたものの、あとの祭り。

もったいないからちゃんとツインハンバーグを完食しました。




※前回までのあらすじ

ツインハンバーグとか頼んじゃった。


この時点で結構、お腹にきてたんですけど、ひたすら我慢、ひたすら我慢ですよ。
さすがにまずいと思い、帰りに100均でラバーカップを探したら、凄く小さいラバーカップがありました。柄が30センチくらいしかないのね。
ちょっと調べたんですが、トイレによって使うラバーカップの種類が違うらしいのですよ。学校なんかで見かけるようなのは和式用で、洋式用は先っぽがたこの口みたいになってるんですよね。この100均のはどうみても和式用、うちのトイレは洋式。
どう考えても駄目なんだけど、なんとかなるんじゃね?とか思って買って帰りました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。